葉酸は胎児のリスクを軽減

 

妊婦さんの間で、広く愛用されている「葉酸」。

厚生労働省が10年ほど前に葉酸摂取の通達を公式に発表したことから

多くの女性の間で認知されるようになりました。

 

たまごクラブなどの妊婦雑誌でも特集が組まれるなどの影響があり

その影響力は非常に大きなものになっています。

 

では多くのメディアに紹介されているこの葉酸ですが

葉酸のメリットについて考えたことはありますか?

 

葉酸のメリットとは?

葉酸と名前は聞くけれどその効能効果について理解している人は少ないように思えます。

 

葉酸はビタミンのビタミンの一種です。

葉酸には赤血球を作る働きや、細胞の分裂を促す働きがあります。

そして細胞の活性化を促がす働きがあります。これは胎児の成長と大きな関係があり 胎児の障害とも関係してくるんです。

 

 

そのため、細胞分裂を活発にする働きがある葉酸をとることでそうした胎児の障害リスクを減らせるということがわかっています。

ですから、こういった理由から厚生労働省も妊婦さんに葉酸をとることを推奨しているんです。

 

この葉酸を胎児にしっかりと届ける働きをするのが妊婦さんであるお母さんなんですね。

厚生労働省が推奨する葉酸の量は400μgとなっています。

 

これは食事だけで摂ろうとすると膨大な量のほうれん草をとる必要性があります。

そして葉酸の弱点は火に弱いということもあり食事から摂るだけでは困難です。

 

そのために葉酸を手軽にしっかりと摂取できるようにと葉酸サプリが人気なんです。

葉酸サプリメントはそれこそ、多くの種類が各メーカーから発売されています。

コンビニで販売されているものから、薬局で販売されているものとたくさんあって迷ってしまいますよね。

そんな中、おすすめのサプリメントがベジママです。

 

 

ベジママには葉酸がしっかりと配合されているし、もちろんピニトールや鉄分・カルシウムなども配合。

 

多くの女性に支持されているサプリメントなんです。

ベジママの購入は公式サイトからが、お得なので気になっている方はチェックしてみてくださいね。